書籍情報

「問題解決」と「課題実現」のための 知識から知恵を創りだす方法

DTCN PMD手法

「問題解決」と「課題実現」のための 知識から知恵を創りだす方法

著者江崎 通彦(学術博士)、監修 NPO法人知識から知恵を創りだす方法協会
定価本体価格 3,600円+消費税
ISBN978-4-904842-10
形式A4判 316頁

企画立案、起業、経営改善など、すべての問題や課題に対応が可能で、その解決と実現に向けて確実で具体的な「手順」を見つけだすことができます。「問題や課題」の「見える化」を実現することで、従来の問題解決の類書とは一線を画しており、経営者や起業者、企画立案に携わる方、これから未来を拓こうという方々に必読の書。

「本書の内容・特長」が登録されていません

 第1章DTCN の方針の 3 つの考え方

  •   比較による差の情報による意思決定・判断のメカニズム
  • 「何をするため、どのようにして」と「なぜ」の質問の使いわけ

第2章DTCNの方法の 7 つの基本手法
目的と手段の関係を明らかにするための「PMDの方法」/もれ落ちのない段階的計画手順をつくるための「ステップリスト・マネジメントの方法」/現状からの改善のアプローチ区分をするための3・5 フェーズ・インプルーブメントの方法/ものやシステムの構造・構成を創るためのFBSテクニックの方法/テーマ・アイデアを落ちなく抽出し、適切な段階で検討するためのWBSフェージング・テーマ・テクニック/新しいことを組織の中ではじめるためのルート・オーガナイジング 手法/組織の目的を具体化するための実施計画書の方法/ DTCN の方法ができあがるまでと、ステップリストの手順と従来手法の手順の対比


第3章DTCN の方法で何ができるようになったか、なるのか
 問題と課題の関係を明らかにできた/問題解決のためのあるべき姿の把握とその具体化ができる/SE と PM の関係が/I Tベンダーのマネジメント・ソフト受注営業のブラックボックスの解消/WBS フェージング・テーマ・テクニック、PMD、3-5インプルーブメントの方法の組み合わせで、先読み、戦略思考をする//中小企業においても問題を課題に切り替え、あるべき姿を把握できる教育ができる/現場での急速な改善、コストダウンができるようになる