セミナー情報

居住用賃貸借契約書式

【改正民法対応】居住用賃貸借契約書式・解説 4 月14 日・20 日・23 日Web 配信セミナー(新入社員研修に最適)

【改正民法対応】居住用賃貸借契約書式・解説 4 月14 日・20 日・23 日Web 配信セミナー(新入社員研修に最適)
主催株式会社にじゅういち出版
日時2021年4月14日(水) 20日(火) 23日(金)〔終日(0時~24時) 視聴可〕

※お申込みをされる際には、視聴を希望されるお日にちを備考欄にご記入くださいますようお願い申し上げます。(「14日(水)視聴希望」など)
 いずれか1日間のみ視聴することができます。
受講料1名 25,000円 追加1名 20,000円 (テキスト・消費税込み)
21出版倶楽部会員 1名22,500円 追加1名18,000円(テキスト・消費税込み)
講師立川 正雄(弁護士)

一般の居住用(マンション・アパート、一軒家)の普通建物賃貸借契約と定期借家契約の契約書ひな型で、居住用の普通建物賃貸借契約の特色としては、貸主が「事業者」、借主が「消費者」となる場合には消費者契約法の適用があり、消費者である借主に一方的に不利な特約が無効と判断されるおそれがあります。
『居住用賃貸編』には定期建物賃貸借契約があり、法定更新の制度の適用がなく、契約締結当初当事者が約定した期間の満了により、賃貸借契約が必ず終了する点にあります。
この『居住用賃貸編』「民法改正対応 居住用賃貸借契約書の書式と実務」では、居住用の賃貸借契約に関する新契約書を作成・使用する場合の注意点とポイントを、徹底的に解説して、実務上の対応・契約案文の作成方法等を収録しています。
紹介動画はこちら。➡https://www.resa.or.jp/21-pub_seminar/e-learn_20200507.html

【Web配信内容と特徴・特典】
① 【改正民法の動画】動画視聴用テキスト付きで、見たい項目を自由に選択可能
② 【改正条文の解説】8人の弁護士による従来契約書の変更条文を解説
③ 【特約集の活用事例】自社にあった特約事例の採用でトラブル予防
④ 【Word 形式で契約書ひな型】自社独自の契約書作成
⑤ 【特典】コロナ対策による「家賃支払猶予合意書・免除合意書」を特典で提供
⑥ 【特典】購入者はメールで一回の無料相談(立川・及川・野竹法律事務の所属弁護士が対応)

ツールは、インターネットブラウザ(Chrome など( ただしInternet Explorer は利用不可)) を利用します。
受講方法等は開催前日までにメールでお伝えします。

テキスト・各種契約書(Word or PDF版)ダウンロード内容
1. テキスト「居住用賃貸借契約書式・解説」

2. 居住用普通賃貸建物契約書
①契約書の概要解説
②重要条文の逐条解説、特約例と関連書式
③契約新書式のひな型
3. 居住用定期建物契約書居住用(アパート・マンション等) 更新契約書式のひな型
①契約書の概要解説
②重要条文の逐条解説
③特約集の活用解説と契約書作成のポイント
④契約新書式のひな型
4. 改正民法対応の居住用連帯保証確約書( 非事業用)のひな型
5. コロナ対策の「家賃の支払い猶予・一部免除の対応合意書」

立川 正雄

立川 正雄

弁護士

昭和52年司法試験合格、昭和55年弁護士開業。
会社法務・開発・建築・不動産法務・倒産法務を専門分野とする。
最近では、ゴルフ場の清川カントリークラブの更生管財人として再建を果たす。
勤務弁護士8名を擁する法律事務所を経営。「請負契約の諸問題」「個人情報保護法と実務の対応」「不動産仲介の諸問」題等 で講演会を行い、「入居と退去の法務」「担保不動産売買仲介の実務」「賃貸管理業務規定・契約書式監修」等の著書がある。

「セミナー会場の住所」が登録されていません