セミナー情報

借地

借地に関する宅建業者の業務受託と処理方法(その3)~借地の売買・等価交換・地主の買取り~

借地に関する宅建業者の業務受託と処理方法(その3)~借地の売買・等価交換・地主の買取り~
主催株式会社にじゅういち出版
日時2019年6月25日(火)
午後1時~午後5時
受講料1名 25,000 円、追加1名 20,000 円(テキスト・消費税込)
21出版倶楽部会員 1名22,500円、追加1名18,000円(テキスト・消費税込)
講師立川 正雄(弁護士)

ここ数年、旧法借地の更新・建替えや借地人が高齢化しているため、借地の買取りをめぐる地主との交渉、借地権を売却等処分する事例が増えてきました。このセミナーでは、借地の基礎から、更新、地代の値上げ・値下げ、借地権売買と仲介、業者が転売用地として借地権を買い取る時の注意など、借地の処理に伴い発生する諸問題を、不動産業界で著名な立川正雄弁護士が昨今の不動産事情を踏まえながら、シリーズで解説します。
第3回は、「借地の売買」「等価交換」「地主の買取り」を徹底解説します。

■借地権付建物売買契約の実務
 1 借地権付き建物売買契約の注意点
 2 業者が転売用地として借地権を買い取る時の注意
 3 借地権譲渡許可の借地非訟
 4 地主に借地権を売り戻すときの注意点
 5 借地権売買の税務
 6 借地権付き建物売買契約の注意点
   ・借地権付き建物売買契約の仲介をするとき、どのような段取りでしたらよいのか?
   ・借地権付き建物売買契約の仲介をするとき、借地権の売買価格はどのように考えて決めればよいのか?
   ・地主に書いてもらう抵当権設定承諾書
   ・借地の仲介に関するトラブル実例
 7 業者が転売用地として借地権を買い取る時の注意
   ・宅建業者が建売用地・転売物件の仕入れとして借地権を買い取るときはどのような点に注意すればよいか?
   ・地主が借地権譲渡にも建替えにも協力してくれない場合、宅建業者が建売用地・転売物件を仕入れる事は絶対に難しいのか?
 8 地主に借地権を売り戻すときの注意点
 9 借地権売買の税務

■地主による借地の取得(借地権の買取・等価交換)
 1 借地権の買取
 2「自分(借地人)が死んだら返してもいい。」という場合の処理方法
   ・借地上の建物の贈与を受けて処理してしまってよいか?
 3 借地と底地の等価交換
 4 借地の明け渡し交渉と非弁行為

立川 正雄

立川 正雄

弁護士

昭和52年司法試験合格、昭和55年弁護士開業。
会社法務・開発・建築・不動産法務・倒産法務を専門分野とする。
最近では、ゴルフ場の清川カントリークラブの更生管財人として再建を果たす。
勤務弁護士8名を擁する法律事務所を経営。「請負契約の諸問題」「個人情報保護法と実務の対応」「不動産仲介の諸問」題等 で講演会を行い、「入居と退去の法務」「担保不動産売買仲介の実務」「賃貸管理業務規定・契約書式監修」等の著書がある。

「セミナー会場の住所」が登録されていません