セミナー情報

倒産時の貸主

対面+オンラインセミナー開催【居住用賃貸借】 家賃滞納・倒産時の貸主・仲介業者・管理業者の対応 ~居住用賃貸借での家賃回収・立退を徹底解説~

対面+オンラインセミナー開催【居住用賃貸借】 家賃滞納・倒産時の貸主・仲介業者・管理業者の対応 ~居住用賃貸借での家賃回収・立退を徹底解説~
主催株式会社にじゅういち出版
日時2020年12月17日(木)
午後1時~午後4時半
会場千代田区神田駿河台3-2-11 連合会館 2階 201会議室
【地下鉄】
東京メトロ千代田線
「新御茶ノ水駅」 B3出口(徒歩0分)
東京メトロ丸ノ内線
「淡路町駅」 B3出口 ※(B3出口まで徒歩5分)
都営地下鉄新宿線
「小川町駅」 B3出口 ※(B3出口まで徒歩3分)
丸ノ内線/新宿線をご利用の方は地下道を通り、千代田線方面へ
 ※ B3a・B3b出口は、違う方向へ出ますのでご注意ください。
【JR】
JR中央線・総武線
「御茶ノ水駅」 聖橋口(徒歩5分)
受講料1名 25,000 円、追加1名 20,000 円(テキスト・消費税込)
21出版倶楽部会員 1名22,500円、追加1名18,000円(テキスト・消費税込)
講師立川 正雄(弁護士)

今回の新型コロナの緊急事態宣言に関連して、借主側から賃料の支払猶予・減額を求められることが非常に多くなりトラブルが発生しています。このような借主からの要請に対して、仲介・管理会社としての実務的な対応として活用できるセミナーです。

【セミナーのポイント】
①家賃滞納への事前対策
②家賃回収の実務として最初に取るべき行動・仮差押・差押は滞納家賃回収策
③明渡の実務は、解除手続きと強制執行ができる書類
④借主倒産時の貸主・仲介業者・管理会社の対応は、未払賃料の取扱い・破産管財人との明渡交渉、借主民
 事再生時の対応まで

※オンライン受講の方は12月10日(木)までにお申し込みください。

第1部 家賃滞納への事前対策
 第1章 入居審査・保証人の資力調査のポイント注意点
 第2章 連帯保証人を取るときの注意(連帯保証確約書の注意) 
 第3章 個人の連帯保証人に関する民法改正

第2部 家賃回収の実務
 第1章 賃料滞納に対し最初に取るべき行動
 第2章 費用をかけずに滞納トラブルを解決するには
 第3章 賃料滞納に対する法的処置
 第4章 滞納家賃回収に役立つ債務名義(公正証書・少額訴訟・調停調書)
 第5章 仮差押・差押は滞納家賃回収に役立つか?

第3部 明渡の実務
 第1章 解除手続き
  第1節 信頼関係の破壊の程度(家賃滞納で解除できる場合)
  第2節 無催告解除の有効性
  第3節 保証会社が保証家賃を払っている間は解除できないか?
 第2章 明渡の強制執行ができる書類(債務名義)の取得
  第1節 強制執行できる書類(債務名義)とは(公正証書では明渡の強制執行はできない)

  第2節 即決和解
  第3節 調停調書
  第4節 判決
 第3章 明渡執行と滞納家賃回収のための家財の差押の関係(家財差押の有効性)
 第4章 明渡執行の手順と費用

第4部 借主倒産時の貸主・仲介業者・管理会社の対応
 第1章 借主破産時の対応
 ・借主の破産と未払賃料の取扱
 ・破産管財人との明渡交渉  
 第2章 借主民事再生時の対応

立川 正雄

立川 正雄

弁護士

昭和52年司法試験合格、昭和55年弁護士開業。
会社法務・開発・建築・不動産法務・倒産法務を専門分野とする。
最近では、ゴルフ場の清川カントリークラブの更生管財人として再建を果たす。
勤務弁護士8名を擁する法律事務所を経営。「請負契約の諸問題」「個人情報保護法と実務の対応」「不動産仲介の諸問」題等 で講演会を行い、「入居と退去の法務」「担保不動産売買仲介の実務」「賃貸管理業務規定・契約書式監修」等の著書がある。

千代田区神田駿河台3-2-11 連合会館 2階 201会議室
(【地下鉄】
東京メトロ千代田線
「新御茶ノ水駅」 B3出口(徒歩0分)
東京メトロ丸ノ内線
「淡路町駅」 B3出口 ※(B3出口まで徒歩5分)
都営地下鉄新宿線
「小川町駅」 B3出口 ※(B3出口まで徒歩3分)
丸ノ内線/新宿線をご利用の方は地下道を通り、千代田線方面へ
 ※ B3a・B3b出口は、違う方向へ出ますのでご注意ください。
【JR】
JR中央線・総武線
「御茶ノ水駅」 聖橋口(徒歩5分))